logo

会社トップバナー

8 歯車の組立精度

8.3 歯車の歯当たり

かさ歯車の歯当たり  ウォームギヤの歯当たり

 

歯車の歯当たりは、歯車の精度と同様に、歯車の騒音とか効率に大きな影響を与える要素の一つです。
歯当たりを良くするには、

 

歯すじ修整
クラウニングとかエンドレリーフをします。
歯車精度の向上
歯車研削とかラッピングをします。
歯車箱の精度向上
平行度、直角度などを精度よく加工します。

 

これらは全て、歯車又は歯車箱の加工方法、加工精度に関するものです。
このような努力にもかかわらず、最終組立時の歯当たり検査にて、歯当たりが問題になる場合があります。 この場合、かさ歯車とかウォームギヤにおいては、歯車を軸方向に動かすことによって、 ある程度は歯当たりを改善することができます。
歯車の歯当たりは、歯車の精度の一部分であり、特にかさ歯車とかウォームギヤにおいては、重要な要素となります。 かさ歯車、ウォームギヤは、平歯車及びはすば歯車に比較して、歯車の精度を測定することが困難であり、 最終的な歯車精度の確認方法として、この歯当たり検査は非常に大切です。
この歯車の歯当たりに関しては、JGMA1002-01(2003)に規定されています。 この規格においては、歯車の歯当たりをA、B、Cの3つに区分しています。

 

表8.4 歯当たりの割合
区分 歯車の種類 歯当たりの割合
歯すじ方向 歯たけ方向
A 円筒歯車 70%以上 40%以上
かさ歯車 50%以上
ウォームホイール
B 円筒歯車 50%以上 30%以上
かさ歯車 35%以上
ウォームホイール
C 円筒歯車 35%以上 20%以上
かさ歯車 25%以上
ウォームホイール 20%以上

 

ここで歯当たりの割合とは、それぞれの有効歯すじ長さ及びかみ合い歯たけに対するものです。

 

こちらの技術資料は冊子カタログ3013(2015年)当時のデータであり、一部データが古い場合があります。最新情報は最新カタログでご確認下さいますよう、お願いいたします。

 

歯車技術資料トップへ

 

KHK総合カタログ 3014
「もっと便利に使いやすく」をテーマに、歯車の技術資料満載の製品カタログをご用意。
「KHK3014」では歯面レーザ焼入れを標準化したラックをはじめ、ブッシング一体・摩擦締結歯車を新たにラインナップ! 最新版 VOL.1 2016/11/17現在
お申し込み
PDFカタログ (2016/11/17現在)


KHK製品のカタログ記号で検索
KHK製品をモジュール歯数で検索



歯車計算ソフトGCSW
歯車計算ソフトGCSW
歯車作図ソフトGDSW
歯車作図ソフトGDSW
CAD データ
CADデータダウンロード
カタログ請求
CADデータダウンロード
Web版 カタログ
CADデータダウンロード
ネット販売
CADデータダウンロード
納期1日 追加工サービス
CADデータダウンロード