logo

会社トップバナー

5 歯車の歯厚

5.2 またぎ歯厚法

下記計算は、歯車計算ソフト GCSW for Webで簡単に計算できます。→こちら
図5.4のように、歯厚マイクロメータにより k 枚の歯をはさんでまたぎ歯厚W を測定します。 この方法により測定する歯厚というのは、基礎円筒上の歯直角歯厚sbn と歯直角基礎円ピッチpbn×(k -1)の和です。

図5.4 またぎ歯厚法(平歯車)


(1)平歯車と内歯車
表5.10にはその計算式を示します。
表5.10 平及び内歯車のまたぎ歯厚
番号 計算項目 記号 計算式 計算例
1 またぎ歯数 k kth =zK (f )+0.5注1

k はこのkth に最も近い整数とする。
m = 3
α = 20°
z = 24
x = +0.4
kth = 3.78787
k = 4
W = 32.8266
2 またぎ歯厚 W
m cosα{π(k-0.5)+z invα}+2xm sinα

注1.ここで

(5.2)
ただし
図5.4は平歯車のまたぎ歯厚法を示したもので、歯の外側寸法を測定します。
内歯車の歯形は、平歯車の歯溝の部分が歯になっていますから、内歯車のまたぎ歯厚測定は平歯車の場合とは逆に、歯の内側を測定します。


(2)はすば歯車
表5.11には歯直角方式はすば歯車の計算を、表5.12には軸直角方式はすば歯車の計算を示します。
表5.11 歯直角方式はすば歯車のまたぎ歯厚
番号 計算項目 記号 計算式 計算例
1 またぎ歯数 k kth =zK (f ,β)+0.5注1

k はこのkth に最も近い整数とする。
mn = 3    αn = 20°    z = 24
β = 25°00'00"
xn = +0.4
αt = 21.88023°
kth = 4.63009
k = 5
W = 42.0085
2 またぎ歯厚 W
mn cosαn {π(k-0.5)+z invαt }+2xnmn sinαn

注1.ここで

(5.3)
ただし
表5.12 軸直角方式はすば歯車のまたぎ歯厚
番号 計算項目 記号 計算式 計算例
1 またぎ歯数 k kth =zK (f ,β)+0.5注1

k はこのkth に最も近い整数とする。
mt = 3    αt = 20°    z = 24
β = 22°30'00"
xt = +0.4
αn = 18.58597°
kth = 4.31728
k = 4
W = 30.5910
2 またぎ歯厚 W
mt cosβcosαn {π(k-0.5)+z invαt }+2xtmt sinαn

注1.ここで

(5.4)
ただし
図5.5のように、はすば歯車のまたぎ歯厚を測定するには、ある一定以上の歯幅が必要です。
最低歯幅をb min とすると

b min = W sinβb + Δb (5.5)
ここでβb は基礎円筒ねじれ角のことで、

(5.6)
安定した測定をするには、Δb は少くとも3mmくらい必要です。

図5.5 はすば歯車の歯幅

 

こちらの技術資料は冊子カタログ3013(2015年)当時のデータであり、一部データが古い場合があります。最新情報は最新カタログでご確認下さいますよう、お願いいたします。

 

歯車技術資料トップへ

 

KHK総合カタログ 3014
「もっと便利に使いやすく」をテーマに、歯車の技術資料満載の製品カタログをご用意。
「KHK3014」では歯面レーザ焼入れを標準化したラックをはじめ、ブッシング一体・摩擦締結歯車を新たにラインナップ! 最新版 VOL.1 2016/11/17現在
お申し込み
PDFカタログ (2016/11/17現在)


KHK製品のカタログ記号で検索
KHK製品をモジュール歯数で検索



歯車計算ソフトGCSW
歯車計算ソフトGCSW
歯車作図ソフトGDSW
歯車作図ソフトGDSW
CAD データ
CADデータダウンロード
カタログ請求
CADデータダウンロード
Web版 カタログ
CADデータダウンロード
ネット販売
CADデータダウンロード
納期1日 追加工サービス
CADデータダウンロード