logo

会社トップバナー

3 歯車の歯形

3.6 歯車の転位

図3.5のような小歯数の標準平歯車を歯切りする時カッタを干渉点Ιよりも深く切込むと、切下げ(アンダーカット)が発生します。
切下げとは、工具の刃先直線部(h c )で歯車の歯元における歯形曲線の一部分が切りとられる現象のことです。
標準平歯車において刃先直線部の深さをm とすると、切り下げを生じない条件は、

 

 

これより、切下げ限界歯数z

 

 

同様に、切下げ限界転位係数x

 

 

このように切下げを防ぐ為のほかに、中心距離を調節する為にも歯車の転位はよく使います。
歯車を正転位したときに注意しなければならない問題に歯先の幅の問題があります。小歯数の歯車において正転位が大きすぎると、歯先が尖るという現象がおこります。
平歯車において歯先の幅(頂部幅)を計算する方法を表3.5に示します。

 

図3.6 正転位平歯車の創成
(α=20°、z =10、x =-0.5)

 

図3.7 負転位平歯車の創成
(α=20°、z =10、x =-0.5)

 

 

表3.5 平歯車の歯先幅の計算

番号 項目 記号 単位 計 算 式 計 算 例
1 モジュール mm 設定値 2
2 圧力角 α 20
3 歯数 - 16
4 転位係数 - 0.3
5 基準円直径 mm zm 32
6 基礎円直径 b cosα 30.07016
7 歯先円直径 a + 2(1+ 37.2
8 歯先円圧力角 αa 36.06616
9 インボリュートα invα ラジアン tanα - α 0.014904
10 インボリュートαa invαa tanαa - αa 0.098835
11 歯先円歯厚の半角 Ψa 0.027893
12 頂部幅 a mm Ψaa 1.03762

 

 

ご意見ご希望は技術課まで

 

最新情報は最新カタログでご確認下さいますよう、お願いいたします。

 

歯車の歯形トップへ

 

KHK総合カタログ 3014
「もっと便利に使いやすく」をテーマに、歯車の技術資料満載の製品カタログをご用意。
「KHK3014」では歯面レーザ焼入れを標準化したラックをはじめ、ブッシング一体・摩擦締結歯車を新たにラインナップ! 最新版 VOL.1 2016/11/17現在
お申し込み
PDFカタログ (2016/11/17現在)


KHK製品のカタログ記号で検索
KHK製品をモジュール歯数で検索



歯車計算ソフトGCSW
歯車計算ソフトGCSW
歯車作図ソフトGDSW
歯車作図ソフトGDSW
CAD データ
CADデータダウンロード
カタログ請求
CADデータダウンロード
Web版 カタログ
CADデータダウンロード
ネット販売
CADデータダウンロード
納期1日 追加工サービス
CADデータダウンロード