logo

会社トップバナー

3 歯車の歯形

3.3 インボリュート歯車のかみ合い

図3.4 に一対の標準平歯車のかみ合いを示しました。 図のようにインボリュート歯車の接触点は基礎円の共通接線( 作用線) の上を移動していきます。 このことから一対の歯車がかみ合う条件として基礎円ピッチpb が等しいことが必要です。

 

pb = πmcosα    (3.4)

 

この(3.4) 式より一対の歯車においてモジュールm だけでなく圧力角α も等しくなければ歯車は正しくかみ合わないことがわかります。

図3.4 インボリュート歯車のかみ合い

 

図3.4 において作用線上の長さab をかみ合い長さと いいます。 このかみ合い長さab を基礎円ピッチpb で割った値を正面かみ合い率といいます。

 

   (3.5)

 

歯車が正しく回転を伝達するには、このかみ合い率は1 より大きくなければなりません。 このようにインボリュート歯車のかみ合いにおいてはモジュールm と圧力角α がとても大切な要素です。

 

ご意見ご希望は技術課まで

 

最新情報は最新カタログでご確認下さいますよう、お願いいたします。

 

歯車の歯形トップへ

 

KHK総合カタログ 3014
「もっと便利に使いやすく」をテーマに、歯車の技術資料満載の製品カタログをご用意。
「KHK3014」では歯面レーザ焼入れを標準化したラックをはじめ、ブッシング一体・摩擦締結歯車を新たにラインナップ! 最新版 VOL.1 2016/11/17現在
お申し込み
PDFカタログ (2016/11/17現在)


KHK製品のカタログ記号で検索
KHK製品をモジュール歯数で検索



歯車計算ソフトGCSW
歯車計算ソフトGCSW
歯車作図ソフトGDSW
歯車作図ソフトGDSW
CAD データ
CADデータダウンロード
カタログ請求
CADデータダウンロード
Web版 カタログ
CADデータダウンロード
ネット販売
CADデータダウンロード
納期1日 追加工サービス
CADデータダウンロード