logo

会社トップバナー

2 歯車列の速度比と回転方向

2.1 1段歯車機構

一対の歯車をかみ合わせた歯車列を1段歯車機構といいます。 図2.1は全て1段歯車機構です。 1段歯車機構において駆動歯車の歯数をz 1、回転数をn 1、被動歯車の歯数をz 2、回転数をn 2とすると速度伝達比i は次のように計算されます。

この速度伝達比i の大きさにより1段歯車機構は3つに分類することができます。

速度伝達比i  > 1 増速歯車機構 n 1 < n 2
速度伝達比i   = 1 等速歯車機構 n 1  = n 2
速度伝達比i  < 1 減速歯車機構 n 1 > n 2

 

図2.1の(A)と(B)の外歯車どうしの1段歯車機構においては、駆動歯車と被動歯車の回転方向は逆となります。
図2.1の(C)の外歯車と内歯車のかみ合いにおいては、回転方向は同じになります。
図2.1の(D)のウォームギヤのかみ合いにおいては、ねじれ方向により回転方向はかわります。

 

(A) 平歯車どうし

(B) かさ歯車

(C) 平歯車と内歯車 (D) ウォームギヤ
図2.1 1段歯車機構

 

これらのほかに、ラックを使った1段歯車機構があります。この1段歯車機構において、ピニオンの歯数をz 1として、ピニオンが角度θだけ回転した時のラックの移動量は次の式にて計算されます。



 

この式においてπm とは、ラックのピッチです。

 

図2.2 ピニオンとラック

 

こちらの技術資料は冊子カタログ3008(2001年)当時のデータであり、一部データが古い場合があります。最新情報は最新カタログでご確認下さいますよう、お願いいたします。

 

歯車列の速度比と回転方向トップへ

 

KHK総合カタログ 3014
「もっと便利に使いやすく」をテーマに、歯車の技術資料満載の製品カタログをご用意。
「KHK3014」では歯面レーザ焼入れを標準化したラックをはじめ、ブッシング一体・摩擦締結歯車を新たにラインナップ! 最新版 VOL.1 2016/11/17現在
お申し込み
PDFカタログ (2016/11/17現在)


KHK製品のカタログ記号で検索
KHK製品をモジュール歯数で検索



歯車計算ソフトGCSW
歯車計算ソフトGCSW
歯車作図ソフトGDSW
歯車作図ソフトGDSW
CAD データ
CADデータダウンロード
カタログ請求
CADデータダウンロード
Web版 カタログ
CADデータダウンロード
ネット販売
CADデータダウンロード
納期1日 追加工サービス
CADデータダウンロード